【新型コロナウイルス感染拡大に伴う 壱岐市緊急対策事業とは!?】 

※この記事で紹介する情報は、令和2年度4月議会で上程される議案であり、予算成立が前提となります。

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う壱岐市緊急経済対策事業】

(目的)

新型コロナウイルスの感染拡大は、外出自粛等の影響により、地域の多様な産業に被害を与えています。特に壱岐市においては飲食業・観光業において甚大な被害を受けています。まずは感染拡大防止策を徹底しつつ、雇用の維持と事業継続のため、感染状況を注視し、状況に応じて段階的に緊急経済対策事業を実施し、本市経済の回復に努めます。

<補正予算総額 1.47億円>

(事業概要)

1、壱岐市プレミアム商品券発行事業

〇予算額 1億1,460万円

(内容)飲食店、宿泊施設での飲食サービスに特化したプレミアム商品券の発行

・発行総額 3.55億円、プレミアム率(第1回:60%、第2回:40%)

・第1回は4月末(利用期限:6月末まで)、第2回は7月初旬頃に発行(利用期限:令和3年3月末まで)第1回は、約2か月間を利用期限とすることで、すぐに経済が循環するよう促進する。(※第1回目は状況により変更の場合あり)

・3密(密閉・密集・密接)を避けつつ、家族等での飲食店でのサービスを受けること、または美味しい壱岐の味を自宅に持ち帰って食べたりすることで、市内経済を循環させることを目的とする。

【今回のプレミアム商品券の対象事業者】
・店内で飲食を行うことを主とした飲食店、宿泊施設(食堂、レストラン、居酒屋、ホテル、旅館、民宿、ペンション、ゲストハウス)

※持ち帰り専門店、または小売事業を主とする店舗は対象外

【今回の商品券でサービスを受けることができるもの】
・飲食店内及び宿泊施設での食事、飲酒等
・飲食店内及び宿泊施設でのテイクアウト食品の購入
・飲食店内及び宿泊施設が販売する食事等回数券の購入

2、緊急雇用維持アドバイザー事業

〇予算額 115万円

(内容)雇用調整助成金の特例措置等の申請を行う中小企業に対するサポート体制の構築

・雇用調整助成金等の特例措置等の申請を行う中小企業に対し、社会保険労務士を招聘し、円滑に申請できるようにサポート。

3、市内宿泊施設利用促進事業

〇予算額 1千万円

(内容)島外からの誘客が困難な状況のため、市内宿泊施設への市民利用の促進支援

※1人あたり宿泊費の50%を補助

4、市内観光バス・団体受入施設等支援事業

〇予算額 2千125万円

市民利用向けの島内周遊キャンセルにより影響を受けている事業者の支援事業

※利用者負担 1,000円/人

令和2年度4月補正予算(案)概要【資料1】より一部抜粋

詳しくは、壱岐市HP内の4月議会上程議案のページをご覧ください。