【シャクナゲの楽園!?】勝本町の新城シャクナゲ苑に行ってみた!

皆さま、「STAY HOME」してますか?普段から「STAY HOME」してたので、特段、生活に変化がない柴さんです。先日、勝本の方へ用事に出かけた際、気になる案内看板を発見しちゃいました。

謎の看板!?

こちら壱岐商業高校近くの勝本~芦辺への道路(この道の先にカフェルディ―さん)です。

「高山植物 しゃくなげ咲き始めました。 新城しゃくなげ苑⇚」

とあります。

案内にそって行ってみよう!

一度、目に入ってしまったからには、行かないと今晩気になって寝れなくなるかもしれないので、もはや行くしかありません。

行かないとかムリムリ。。。

細い農道を看板づてに少し進むと、大きな看板がありました。

どうやらここから200m登ったところにあるようです。

お、おおお!

急こう配!!

森の木々が清々しいですが、急な登坂なので運転には気をつけましょう。

登坂をクリアすると開けた場所に車やイスがありました。

「新城しゃくなげ苑」に無事到着!

2001年から開園されていたそうで、今年でちょうど20年ということになります。僕は壱岐に帰ってきて17年になりますが、初めて来ました。知らなかった…

入口の所に記帳台があるので、名前等をご記入ください。(ちゃんと消毒対策もされてました。優しい♪)

調べたところ、この「新城しゃくなげ苑」は 元中学教諭の品川照三さん(90)が、花の美しさに魅了され、自宅近くの山の斜面に苗木を植え始め、一般公開してきたそうです。現在、約570本のシャクナゲが4~5月に咲き乱れるとのこと。見頃は4月中旬だそう。

しゃくなげを観覧してみる。

しゃくなげ苑の遊歩道をグル~っと一周歩いてみました。

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本全土で緊急事態宣言が発令され、「STAY HOME」な状況になりましたが、きれいな花を見て心が癒やされました。

外出自粛とは言え、壱岐島内は3密を避ける場所はたくさんあります。できるだけ自粛しながらも、太陽の光を浴びたり、空気の良い所でリフレッシュすることは、心の健康にもつながると思います。

新城しゃくなげ苑、よろしければご観覧ください。(GooleMapには「壱岐・新城のしゃくなげ苑」で登録されています)

柴さんでした!