梅雨の壱岐も楽しもう!アジサイ名所「片山あじさい園」に行ってみた!

みなさん、こんにちわ!雨のしとしとする音がけっこう好きな柴さんです。

6月は梅雨シーズン。雨だと、なかなか外出しようという気持ちも起きませんよね。

でも、そんな梅雨だからこそ楽しめることもあるので、ポジティブに捉えて、壱岐の梅雨も楽しんでもらえればと思います!

ということで、今回は勝本町片山触にある『片山あじさい園』にお邪魔してみました!

国道382号線を郷ノ浦から勝本へ進んだ場合、ゴルフ場「壱岐カントリークラブ」方面に右折し、そのまま「旧リス村」を通り過ぎると、「片山住宅電設」の看板の横に『片山あじさい園』の看板を見つけることができます。

GoogleMapだと「牧ノ神社」を目指すといいと思います。(※追記、「片山あじさい園」をGoogleMapに追加しました!)

看板から小道に入ると、道路脇にはたくさんのアジサイが咲いており、期待感が高まります。

しっとりとした森の空気感。

そして、マイナスイオンを感じます。

小道を少し進むと、『片山あじさい園』の駐車場がありました。この『片山あじさい園』はなんと入場無料。オーナーのご厚意で誰でも自由に観覧することができます。


車から降りて、少し歩くと入口らしき小道が見えてきました。

この日はちょうど雨の日で、アジサイに滴る水滴がまた風情があってとてもいい感じです。

この『片山あじさい園』は、入口看板にあった片山住宅電設の下條さんの敷地で、10年ほど前から趣味で自宅前の敷地にアジサイを植え始めたそうで、少しずつアジサイの数を増やして、今では約2千坪の土地に5千株が並んでいるとのこと。

ちなみに2千坪というと、サッカーコート1面ぐらいの広さだそうです。

晴れの日に見に行くのももちろんいいですが、雨の日のアジサイもまた粋ですね。

こんなカントリーな休憩所もありますので、ぜひ探してみてください。

アジサイは6月上旬が見ごろで7月中旬ごろまで楽しめるそうです。

色鮮やかなアジサイに、心安らぐひと時でした♪